生きづらさ解決コーチングじぶんクリエーションアカデミー

アダルトチルドレンの恋愛がうまくいかない理由。幸せな恋愛には精神性が大事

  • 最終更新日:

この記事は4分で読めます

こんにちは

 

生きづらさ解決コーチの冨永真佑(とみながまゆ)です。

 

じぶクリについてはこちら

 

さて、今日は恋愛、特にアダルトチルドレンの方に関するお話しです。

 

誰かが誰かを好きになるのはとても尊いことですが、恋愛にも精神性がとても大切です。

 

特に、心が育ち切っていないアダルトチルドレンの方は恋愛に躓くことも多いはず。

 

参考にしていただければと思います。

アダルトチルドレンの恋愛が上手くいかない理由。幸せな恋愛には精神性が大事

さて、以前の記事でアダルトチルドレンとは「機能不全家族」に育った子供のことを指しますよというお話しをしました。

 

【関連記事】

親の自己肯定感は子供に伝染する。あなたの生きづらさの元は親かも知れない

 

日本の家庭の約8割は機能不全家族とも言われていますが、マスコミや婚活業界の影響もあって、相変わらず

 

恋愛=楽しいことずくめ

結婚=幸せの象徴

 

のように言われますよね?

 

もちろん、そういう恋愛や結婚が出来ている方もたくさんいらしゃるでしょうが、恋愛だって結婚だって、1つの人間関係ですし、しかも結婚すれば何十年と一緒に生活をしていくわけですから、仕事同様に結構重大な選択です。

 

このサイト内でもとにかく幸せになるには人では無くて、自分の精神性を上げることですよとお伝えしています。

 

精神性の高い人なら、無理をせずに相手を思いやる心の広さがあります。

 

 

人には持って生まれた度量というものがあり、それが広いか狭いかはかなり重要です。

 

よく好きなタイプを聞かれると外見面や趣味など表面上で感じられる部分で相性がいいとか悪いとかで判断されがちですが、実際には「魂のレベル」で引かれ合うので、良い恋愛、結婚をしたければ、自分の精神性を上げてからの方が良いのです。

 

アダルトチルドレンの場合は、親の精神性が高くないので、良いお手本を見たことがありません。

 

親に思いっきり甘えたり、可愛がられた記憶もない人がほとんどでしょうから、どうしても相手に依存してしまったり、自己肯定感の低さから嫌なことがあっても我慢してしまい、NOと言えなかったり、無理をした状態でスタートしていることが多いと思われます。

 

特に若い時には経験値も少ないですから、自己肯定感の低さゆえ、上手くいかない度に原因を自分に求めてしまう人も少なくないでしょう。

アダルトチルドレンの恋愛。自立した大人とは自分の足でしっかり立つことができる人です

アダルトチルドレンの場合、寂しさや不安が常に潜在意識に溜まっています。

 

不安

 

人と比べて落ち込んでしまったり、イライラしたり、ネガティブ感情がたくさんたまった状態ですから、心が不健全な状態です。

 

結婚や子供を産んで家族が増えると、その責任と負担はどんどん増えていきます。

 

自己肯定感が低いまま、自分のことが好きになれないまま、形だけ整えても、最初から無理があるんですね。

 

だからこそ、先ずは自分を好きになって一人でも生きて行けるよ!というくらいまで心を成長させることの方が順番としては先なのです。

 

アダルトチルドレンの恋愛。不安な気持ちで行動しちゃダメ。まずは自分を好きになって

自己肯定感が低いと、依存心も強くなります。

 

自分だけの力ではどうしたらいいか分からないからこそ、誰かに頼りたくなってしまうんですね。

 

けれど、恋愛でも結婚でも、お互いがお互いに必要かどうか、いい時も悪い時も普段と同じように接していられるかが本当は大事ですし、不安や恐怖のエネルギーって良いものを引き寄せません。

 

人の魂にレベルがあるということは、恋愛にもレベルがあるということなんですね。

 

恋愛

 

テレビや雑誌やネットで幸せオーラ満開の画像ばかり見させられると、憧ればかりが強くなってしまうのは致し方ないのですが、相手も人ですから、人としてのキャパシティーがあるのです。

 

心が育ち切っていない人と付き合うと、お互いに負担がかかりますし、魂のレベルが高くない同士が引きあうということは、トラブルも付きものになってくるんですね。

 

自分を好きになれない状態で、他人に好きになってもらおうとする時点で、無理があるので、先ずは自分を好きになって、自分の長所や短所が自分で分かるようになるまで自分を高めていくことなのです。

 

アダルトチルドレンの恋愛。アダルトチルドレンを克服できるかどうかは子育てにも影響する

もうこれは自分の経験から物凄く感じます。

 

自分ではあれだけ母親に言われたりされたりして傷ついたことがたくさんあるのに、結局自分の子供にも同じことをしてしまう。

 

これが潜在意識です。

 

自分の記憶の中に溜まっているものが、折に触れて出てくるので、子供を叱ったり、育児や家事で疲れてくると、自分のキャパシティーを越えてしまうのです。

 

心が満たされて穏やかな状態が保てるようになり、それが普通という感覚になれば、また違ってくるのですが、子供時代からそういう感覚すらわからないのがアダルトチルドレンですから、しっかりと克服してから親にならないと、また連鎖してしまうのです。

 

いかがでしたでしょうか?

 

アダルトチルドレンは病気ではありませんが、子供時代から培ってきた思考のクセです。

 

自分が何者かもよく分からない頃から親に歪められてしまっているので、根が深く、一人で克服するのは難しく、それなりに時間もかかります。

 

ですが、思考の改善、トレーニングを繰り返せば徐々に改善されていくものです。

 

逆に改善させていかなければ、あなたの人生を大きく歪めていくものですから、一日も早くカウンセリングやコーチングを受けて、改善していくことをお勧めします。

 

じぶクリではアダルトチルドレンの改善コーチングを行っています。

 

まずは3か月。

 

たったそれだけの時間で自分の生きづらさの元が自覚できるようになります。

 

無料相談も承っていますので、活用してみて下さいね。

 

ご案内はこちら

 

本日はここまでです。

 

今日もお読みいただきありがとうございました。

まとめ

1.アダルトチルドレンの恋愛が上手くいかないのは、幼少期のトラウマが影響しているから

2.自分を好きになれない状態で、他人に好きになってもらおうとする時点で、無理がある。恋愛や結婚を意識する前に精神を自立させること。

3.アダルトチルドレンは子供時代から培ってきた思考のクセ。根が深いからこそ一日も早く改善に取り組むべき

 

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

youtube

RETURN TOP