生きづらさ解決コーチングじぶんクリエーションアカデミー

人間力を高めよう!未来に合わせた子供の育て方とは?

  • 最終更新日:

この記事は5分で読めます

こんにちは

 

生きづらさ解決コーチの冨永真佑(とみながまゆ)です。

 

じぶクリについてはこちら

 

さて、コロナの影響で学校がどうなるかわからない今、学校が止まってしまうと学力について不安になる親御さんも多いですよね?

 

極論にはなるのですが、れからの時代に必要となってくるのは、学力ではなく人間力です。

 

さて、今日は人間力とは何なのか?   人間力をつけると、どんないいことがあるのか?についてのお話しです。

人間力を高めよう!今までの考え方では人生100年時代は決して生きられない。

人生100年時代なんて言葉が聞かれるようになりましたが、日本人の寿命はどんどん伸びています。

 

こちらに日本人の平均寿命の推移グラフがあります。   日本人の平均寿命の推移  【参考資料】

定年制と平均寿命

 

これを見てびっくりしたのですが、ほんの70年前までは平均寿命は50歳程度だったんですね。

 

当然ですがそれ以前の時代はもっと短かったわけで、生き方についてそんなに真剣に考えるほど、そもそも長生きができなかった。

 

ところが一気に寿命が延び、医療技術も進んで長生きをすることに対して真剣に考えなければならない時代が来てしまっているということです。

 

平均寿命が100歳なんて言われてしまうと、私なんてようやっと折り返し地点です。

 

今までは若い時代があって、体力もあって、頭もそれなりに回ってきましたが、ここから先今までと同じようになんてどう考えても無理です。

 

仮に、70歳まで働けたとして、そこから30年、毎日毎日何をやって生きていこう?   想像しただけで怖いです。

 

怖い

 

だからこそ、人生を長期設計する見方をしないといけないんですね。

 

であればなおのこと、日々何を考えどんなことに生きがいを持ち、どんな人生を歩みたいかはもう本当に自分で考えるしかありません。

 

会社員としてがむしゃらに働き、出世することを目標にし、人生の大半を仕事に費やしてきた今までの考え方では、とてもではありませんが100歳まで生きられません。

 

精神的に潰れてしまうと思いますし、仕事をなくしてしまった時点で、毎日どうしようという風になる方が大半になってしまうのではないでしょうか?

 

前々回の記事で、ソウルワークという働き方についてお話をしたのですが、今までの企業での仕事はあまりクリエイティブでは無い仕事の方が多かったのでは無いでしょうか?

 

物を消費し、1日の多くを会社という建物の中で過ごし、限られた人と限られたやり取りの中で家と会社の往復をする。

 

冷静に考えるととても不健全な生活をしているように思うのですが、いかがでしょうか?

 

あなたの魂、喜んでいましたか?

 

人生を充実させて生きるためには今にとらわれるのではなく、未来を予測していく力が本当に必要になってきているようです。

人間力を高めよう!人間には創造する力がある。子供は未来に向かって生きていく

人間は発見があったり、学びがあったり、創造があったりすることで、心が豊かさを感じるようにできています。

 

 

毎日毎日同じことばかり繰り返していると、飽きてしまいますし、会社で自分が思った通りの仕事に就けることは本当は難しいはずです。

 

平成で求められていたのは人間力ではなく、目の前にある仕事をやりこなしてくれる作業力だったのではないか?と私は思っています。

 

だから非正規という期間限定の作業者を増やし、売上や仕事量によって雇用調整してきました。

 

商品やサービスが溢れ出し、ライバルが増え、たくさんの企業が倒産を繰り返す。

 

そんな中で幸せを見つけることなんてとてもではないですが、難しいに決まっていますよね?

 

働かないと食べていけないという考え方に縛られてしまうと生活優先になってしまって、本当にやりたいことなんてできないと思い込んでしまいますが、今、働くということそのものに対しても大きな転換期にきていることを、未来予測として知っていただきたいのです。

 

ましてや、あなたのお子さんの時代には、何がどうなっているか本当にわかりません。

 

そして、子供はこれから10年20年30年後の未来に向かって生きていくんです。

 

しかも100歳まで!   これは結構大変なことで、そこまで真剣にイメージで来ている人は少ないのでは無いでしょうか?

人間力とは「胆力・包容力・自律の精神」の3つの総和によりもたらされるもの

さて、今日のテーマである「人間力」   「人間力」ってそもそも何でしょうか?   人間力とは

 

人間力とは「胆力・包容力・自律の精神」の3つの総和によりもたらされるもの。

これらが全て高いレベルで共存している人物のこと。

 

です。

 

胆力とは「覚悟が決まっている。芯の強さを持っている」ということ。

 

包容力とは「他者に対する深いレベルでの優しさ、慈しみの心を持っている」ということ。

 

自立の精神とは「他からの支配を受けず、迎合しない自立心。自分で立てた信念や規律を遵守する強さを持っている」ということ。

 

人間力

 

うーん、こういう心って昔の日本人の方が持っていたのでは無いでしょうか?

 

今までの学校教育でこれらのことって学びましたか?

 

実際に社会に出てみると心が折れやすい人が増えているのはこういうことを学校教育で教えて貰っていないからです。

 

長く生きるのにお金や仕事はもちろん必要ですが、「自分らしい強い心、優しい心」を持つことの方が優先で、そこがあって初めて、物質的な豊かさが生きてくるのです。

 

日本の教育は順番を間違えてしまったので、生きづらい人が増えているのです。

人間力を高めよう!子供は未来を生きる。親に必要なのは未来予測をする力

今の親御さんに必要なのは、受験に必要な学力よりも、子供が長い人生を生きていくためにその子にとって何が必要になるのか?少なくとも10年後の未来を予測して、そこに合わせた準備をしてあげることです。

 

そんなこと言ったって、10年後どうなっているのか?どうしたらわかるの?と思われるかもしれませんが、それは検索して色々探すといろんな方がいろんなことを仰っています。

 

特に、2、30年後ぐらいには、今のヒエラルキー的社会構造が崩壊して「村社会」になるという風におっしゃってる方もいらっしゃいます。

私もそれが正しいなと思っています。

 

なぜならもう、いろんなところで、いろんなコミュニティが立ち上がっていますよね?

 

行政に任せていても、目の前の問題が解決しない。

 

会社員人生に疑問がわく気持ちを抑えきれない。

 

これじゃいけないと思った人が何かを立ち上げ、そこに人が集まるということが今たくさん生まれています。

 

人は魂に合わないことをするとストレスや疑問を感じるようになっていますから、自分に合ったコミュニティがあっちでもこっちでも立ち上がれば自分にとって有意義な時間を過ごすことができます。

 

心が健全であれば情報に振り回されることもありませんし、自分で自分の人生を作っている、選択しているという自負が誇りや自信にも繋がります。

 

前回お話しした自分軸中心軸を作ることにもつながっているんです。

 

あくまで予測ですので、実際に村社会になるかどうかの保証はありません、未来ですから。

 

ですが、世の中は多くの人が望む方向に結局向かっていくようにできているんですね。

 

そして途中でバブルがはじけたりリーマンショックがあったりコロナがあるように、人間が思った通りの道なんて本当はどこにも用意されていないんです。

 

だからこそ何があっても生きていける、そういう「人間力」を養っていかないと100年のうちに何が起こるかなんて誰にもわかりません。

心が健全であることがすべてのスタート。人間力があれば、どんなことも乗り越えられる

人にとって、大事なのは心が健全であること。

 

何かが起きた時に、自分で考え、自分で動ける「人間力」を養うこと。

 

その子がどういう環境に身を置ければ健全でいられるのかは親では無く、その子自身が知っているのです。

 

ですので、親の努めはその子がやりたいこと、行きたい場所、その子が考えて必要だと思ったものを可能な限り用意してあげることです。

 

その子が会社員になると決めたなら、やってみればいいですし、やりたいことが見つからないから、とりあえずいろんなアルバイトをしてみるなら、それもOK!   いけないのは、今の世間と比較して子供の自主性を否定してしまうことです。

 

未来はどんどん変わっていきます。

 

今、社会人迷子が多いのは、未来予測をしないで、今に合わせた選択をしてしまったからです。

 

今ではなく今よりも生きやすくなった社会を想像して、その子の内面が活かせる働き方は何なのかを一緒に考えて行ってあげてください。

 

じぶクリではオンラインでのパーソナルコーチングを行っています。

 

不登校児をお持ちの親御様のコーチングはこちら

 

本日は以上です。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

まとめ

1.人生100年時代を実感していますか?自分の人生は自分で作る時代がもうすでにやってきている。

2.人間には創造する力がある。魂が喜ぶ働き方を真剣に追求してみよう!

3.人間力とは「胆力・包容力・自律の精神」の3つの総和によりもたらされるもの。学力より人間力を磨く方がはるかに人生が豊かになる。

4.親に必要なのは未来予測をする力。子供の自主性を信じ、伸ばしてあげることで社会人迷子を回避できる。

5.親の努めはその子がやりたいこと、行きたい場所、その子が考えて必要だと思ったものを可能な限り用意してあげること。今の世間と比較して子供の自主性を否定することでは無い。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

RETURN TOP