心をはぐくむ演劇教育じぶんクリエーションアカデミー

眺めているだけでほっこりする『日本仕事百貨』自分にあった仕事で働けることは人生の贅沢の一つだと思いませんか?

  • 最終更新日:

この記事は6分で読めます


心をはぐくむ演劇教育 じぶんクリエーションアカデミー

冨永真佑(とみながまゆ)です。

 

あなたは日本仕事百貨というサイトをご存知でしょうか?

 

日本仕事百貨

 

 

私がこちらのサイトを知ったのは5年前。

 

当時は演劇で起業するなんて考えてもいなくて、それでも生活のために働くのももうなんか違うと思いながら、たまたま見つけた求人がこの日本仕事百貨でも紹介されていたため、こちらのサイトを知ることになりました。

 

その時の仕事に就くことはできず、まあ、いろんな紆余曲折があって、今は演劇で起業したのですが、久しぶりに「ああ、なんだっけ?あのサイト?」

 

トップページの印象も目の奥に焼き付いているけれど、サイト名がどうしても思い出せない。

 

〇〇百科というのだけは記憶にあったので、思い付きで検索してみました。

 

「自分らしく働く 仕事 百貨」

 

あった!^^v

 

ということで、今日は眺めているだけでほっこりする『日本仕事百貨』に掲載されているお仕事を数点ご紹介しながら、本当に自分にあった仕事に就ける喜び、それが人生にとってえどれほど大切か?

 

また、そういった仕事に就けることはとても贅沢なこと。

 

まだやりたい仕事が見つかっていないあなた、転職しようかどうか迷っているあなた。

 

社会に出るのが怖いと思っているあなたも、ぜひ一緒に考えてくださいね。

 

働き方改革と2020年教育改革。今更だけれどようやく政府も叫びだした、自分を活かす自分らしい生き方、働き方とは?

まず、『日本仕事百貨』って何?と思われている方にはこちらの記事がとても分かりやすく説明してくれています。

 

【参考記事】

日本仕事百貨について

 

この記事の一番最後に

 

勤務地や年収ではない、企業の根っこの部分を理解した上で働きたい方は一度日本仕事百貨に足を運んでみましょう。

 

と書かれています。

 

『日本仕事百貨』はリクナビやマイナビなどの大手求人サイトとはまったく違ったほんわかゆるりとした求人紹介サイトです。

 

それぞれの企業の特徴を優しい雰囲気で映し出した写真がトップページに並び、思わず気になってクリックしたくなる短めのタイトルが印象的です。

 

記事の中にはとつとつとした優しい文章で掲載企業の紹介がされています。

 

アート的で不思議な雰囲気。トップページを眺めているだけでなんだか癒されます。

 

募集要項やら年収やら企業の規模やらそんなことは二の次で、信念、理念を掲げ、いつも笑顔で好きな仕事を心から楽しんでいる、一種「職人気質」な会社ばかりが紹介されています。

 

私が20代、30代の頃にこんなサイトがあったなら、東京での生活なんて投げうって、縁もゆかりもない地方に就職していたかも知れません。

 

働き方改革と2020年教育改革が打ち出され、今まで「出る杭は打たれる」「個性より協調性」「個人より集団」を大事にしてきた日本社会が、それとは真逆のことを国民に求め始めました。

 

自分で考え、表現する力を養おう!

 

これは今までの日本から考えると、かなりぶっ飛んだ打ち出しです。

 

そういう意味においては、実際にこういった企業で働くかどうかは別にして、なんとなく、ぼんやりと絵画を楽しむような、コラムを楽しむような感覚でこのサイトを眺めてみるだけでも「働く」について、あなたなりの価値観を固める参考になるのでは無いかと思い、ご紹介したくなりました。

 

 

そもそも”条件”で絞ることができない求人検索なんて発想がスゴイと思いませんか?(笑)

 

こんな風にカテゴリから選ぶんです。

 

 

そして代表のナカムラケンタさんが最近「生きるように働く」というタイトルで本を出版されたばかりと知り、

 

「生きるように働く」

 

って素敵で深い言葉だなぁっと思った次第です。

 

 

(写真右側がナカムラケンタさん)

 

「生きるように働く」

 

この言葉、あなたはどんな風に感じますか?

 

少なくとも、日本人の大半は、「生活のために働いている」わけです。

 

多少の職種の絞りはあっても、目の前にある条件の中から、少しでも良さげな企業で働きたいという発想で就職活動をしている方が大半なのでは無いでしょうか?

 

あなたはそういう働き方で満足できますか?

 

タイトルと写真が好奇心をそそる。クリックした先に紹介される温かくて個性的な企業の顔

そんな日本仕事百貨にあるたくさんの掲載企業の中から、タイトルで気になった記事を3点選んでみました。

 

まずは「こども・福祉」のカテゴリから

あなたはどうしたい?

(画像をクリックすると紹介記事に飛びます)

 

こちらは、一般社団法人子供教育創造機構(キンダリーインターナショナル)の学童保育スタッフの募集記事でした。

 

「あなたはどうしたい?」

 

この言葉は、ここに集ってくる子供に対しての言葉でもあり、実際に働かれているスタッフさんへの言葉でもあります。

 

多くの企業が、すでに用意されたプログラム、環境、社風に雇用者を合わさせるのが当たり前の風潮において、

 

「あなたはどうしたい?」

 

と問いかける。

 

これ、本当に大事だと思うんです。

 

大人になるまでに、どんな育ち方をするのか?どんな教育を誰から受けるのか?

 

その人の一生の生き方、考え方、価値観を決定づけてしまうくらい重要な事柄です。

 

こちらの職場のように「あなたはどうしたい?」を受け入れ、問いかけられ、自ら責任をもって意見を言ったり、言ったことを実行できる環境は、きっと「生活のために働く」以上の価値と手ごたえをもたらしてくれるのでは無いでしょうか?

 

 

次は「ものつくる届ける」のカテゴリから

 

わたしの知らないたわし

(画像をクリックすると紹介記事に飛びます)

 

トップ画像に写っている写真(左側の入れ物に入っている)がお菓子に見えてしまい(笑)、なんだろう?と思って思わずクリックしたこちらの記事。

 

東京都台東区谷中にある創業110年を迎えた亀の子たわしメーカーさんの募集記事でした。

 

たわしってこんなに種類があるんだ!と驚いたのと、1つ1つのたわしにこだわりと、昔ながらの職人気質な部分を残しながらも、なんともお洒落にカラフルに店頭に飾られている感じがアートで素敵だなと思い、読み進めていくうちにたわしに愛おしさを感じてしまいました。

 

モノづくりってやっぱりいいなと思いましたね。

 

 

最後は「顔が見える」のカテゴリから

もう一度歩き出すために一人ひとりの幸せに寄り添う学習塾

(画像をクリックすると紹介記事に飛びます)

 

東京都代々木にある学習塾です。

 

キズキ共育塾

 

「教育」では無く、「共育」という漢字を使っていらっしゃるのが印象的です。

 

今、学校に行くのが辛い人、実際に行けていない人、心の傷を背負ったまままだ癒されず大人になった人も、冒頭の文章をぜひ読んでみてください。

 

「不登校や中退の子って、『二十歳過ぎて大学に行っても意味ない』とか『引きこもっていた人に就職先なんてない』とか、思い込んでいるんですよ。でもそれは、単に学校や社会で刷り込まれているだけ」

「そんなことは気にせず、自分が幸せに生きられればいいんじゃないの?って伝えていくのが、我々の塾の目的ですね」

 

株式会社キズキの代表、安田さんの言葉です。

 

不登校は減るどころかどんどん増えているんですね。

 

【参考記事】

統計から見る不登校のきっかけ 通信制高校ナビ

 

特に、小学校の前年比が増えているのがとても気になります。

 

それは、不登校になってしまう子供がいけないのではなく、学校と言う教育環境が子供たちのニーズに合っていないだけと言わざるを得ないのでは無いでしょうか?

 

社会で生きる上での共通認識を学ぶために公的な場所は必要だけれど、そこからあぶれてしまう子供がこんなにも多いのは、学校側にも責任がある!と、もういい加減認めるべきでは無いかと思うのです。

 

そんな中、こういった塾があることはとても頼もしいと感じましたし、「子供に勉強を教える」ことを職業にしたい方なら、学校と言う選択肢はもはや不要かも知れません。

 

 

どうでしたでしょうか?

 

ぜひ、あなたもゆるりとした気持ちで、興味のありそうな記事をクリックしてみてください。

 

 

働き方改革によって

 

一億総活躍社会

 

という言葉が生まれましたが、年齢にかかわらず、いつまでも元気で楽しく生き生きと!

 

生活のためではなく「魂が喜ぶ」ことを仕事にする

 

これが、ナカムラさんのいう「生きるように働く」と言うことでは無いでしょうか?

 

 

自分の心がわさわさして、何か違うと思ったら、ふと立ち止まって、自分はどうしたいのか?どこに行きたいのか?どんな景色が見たくて、何を感じたいのか?

 

自分の心が「よし!こっち!」となるまで、焦ることはありません。

 

自分で選んで自分で決める!

 

そのためにも、ふと浮かんだ言葉を検索してみると、新しい何かを見つけることが出来るかもしれません。

 

それでも、どうしても見つからない!という人は、ぜひ演劇をやってみてください。

 

観劇だけでも得られるものはたくさんありますし、実際に自分でやってみると、表現するって心の内側から熱を発するってなんだかすごい!という体験がきっとできます。

 

あなたの中に眠っているあなたの本当の気持ちが、あなただけの人生を創ってくれますよ。

 

じぶクリは来年度の開校を前に体験ワークショップを行います。

 

 

年内、入会金0円キャンペーン中です。

ワークショップのご参加をお待ちしております!

 

 

本日はここまでです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

 

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ファンメイクシアター

公式LINE@

RETURN TOP