生きづらさ解決コーチングじぶんクリエーションアカデミー

アファーメーションをしよう!心の声に従えばあなたの生きたい人生が生きられる

  • 最終更新日:

この記事は6分で読めます


こんにちは

 

生きづらさ解決コーチの冨永真佑(とみながまゆ)です。

 

さて、あなたの生きづらさは、あなたが心で思っていることと、目の前で起こっている現実があなたの思う理想や願望と、あまりにかけ離れすぎているために起こっているストレスです。

 

何か違うなと思っているところへ他人がさらに追い討ちをかけるような言葉や態度をとってくるために脳が混乱を起こし始めます。

 

脳の混乱と、そこから起きる感情で感じる不快感。   これが合わさって生きづらさになるんですね。

 

じぶクリについてはこちら

  生きづらい  

 

生きづらさを解決するために前回と前々回の記事で潜在意識と脳と心についてお話をしましたが、とにかくこの3つを大事にしていくことがあなたの人生には一番必要です。

 

前回の記事はこちら

人生は潜在意識が握っている。潜在意識の仕組みを知って人生を楽に生きる方法 

人生は潜在意識が握っている。心と脳の仕組みを知って人生を楽に生きる方法

 

正直他の事は無視しても構わないと言っても過言ではありません。

 

生きづらさを感じている人にとって一番大切なことは、とにか潜在意識を綺麗にしていくこと。

 

そして生きづらさを感じている人は脳が正常な状態になっていませんから自己肯定感がとてつもなく低くなっています。

 

この自己肯定感を意図的に意図的に高めて、脳をあなたにとっての正常な状態に持っていくことがとても重要になります。

 

今日は毎日繰り返し続けることで簡単に自己肯定感をあげることができる、アファメーションのお話です。

世の中はその時代に合わせた洗脳でできている。常識に違和感を感じるなら、カスタマイズ力を身に着けよう

人は「教育」という名の洗脳で育つものです。

 

文化とも言いますし、国民性とも言います。

 

それらが、自分に合っていれば問題ないのですが、あなたの心がNGを感じてしまうのであれば、自分で自分にとって心地よい情報で自分の脳を洗脳(カスタマイズ)すれば良いのですね。

 

例えばピーマンが嫌いな人がいるとします。

 

ピーマンだけはどうしても食べれない。

 

ピーマンを口にするとその瞬間に「おえ!」となってしまう。

 

そんな人にいくら「健康のためだよ。好き嫌いはよくないよ」と言われても、やっぱり食べれないものは食べれない。

 

だとしたら同じような栄養素を他の食材で補えばいいだけなので、そこまでして無理に勧めようとする人はおそらくいないはずです。

 

にもかかわらず、これが「考え方、生き方」になると、「それは違うよ。」とか「それはあなたがズレてるよ」ということをなぜか人って平気で言うんです。

 

なぜでしょう?不思議ですね。

 

特に日本人はまだまだこの傾向が強いです。    

 

でも今はありがたいことに情報化社会なんです。

 

私がそうであったように、「どうしても何とかしたい。解決したい。この生きづらさから抜け出したい。」と思えば、いくらでもそういう経験値を持った人たちが知恵や知識をシェアしてくれているんです。

 

私の時代はインターネットがありませんでした。

 

困ったり苦しんだりしても、身近な人に相談するか本屋さんに行って本でも探すか、最悪は精神科のような病院に行くしか方法がありませんでした。

 

でも今は違います。

 

ブログもそうですし YouTube や Twitter などでいろんな人がいろんなことを思いのままに自由に発信している。

 

一人や二人の意見ではなくてたくさん検索して、いろんな人の言うことをいろんな角度から少し時間をかけて自分に落とし込んでいくと、「なんだ考え方って、生き方ってシンプルでいいんだ」っていうことに気がつき始めます。

 

  シンプルな生き方

あなたの幸せはあなたの心の声が知っている。心の声に従うだけで、幸せは簡単に手に入る

ここで言うシンプルとは何か?

 

それは「自分の心の声に従う」ということです。

 

ある意味貪欲になって欲しいものは欲しい、いらないものはいらないとはっきりと自分に宣言することです。

 

ここでポイントになるのは、宣言するのは他人にではなくて自分にということ

 

ピーマンが嫌いな人に無理にピーマンを食べさせようとするから食べさせられそうになってる人は苦しいと思うだけで、緑黄緑黄色野菜は他にたくさんありますしサプリでも構いません。

 

ピーマンが食べれるようにならないといけないというのはその人の価値観であって、あなたがそれに無理に合わせる必要はないんですね。

 

残念ながら、精神面だけはいまだに社会的常識に無理にでも合わさせようとすることが正しいというのが今のところの日本の常識です。

 

そういうのそろそろ止めようよという人が徐々に増えつつありますが、まだまだそういった古い考え方を持っている人はたくさんいます。

 

親もそうですし、学校もそうですし、会社もそうです。

 

9割のそういう人たちで今までの社会はできていたと言っても過言ではありません。

 

ですがこれだけ生きずらいという人が増えてきて、ニートや不登校や社会的な問題になっているものが未だに解決されないのは、社会的な価値観が間違っているからです。

 

近年の日本でもようやっと「多様性」というものに着目する人が増えてきました。

 

顔形も趣味も食べ物の好みもみんな違うのに、なぜ生き方だけは社会的常識に合わせないといけないのか?

 

よくよく考えるとおかしいと思いませんか?

 

そして社会的価値観は時代によってどんどん変わっていきますから、「そんなものに毎回毎回自分を合わせるなんてめちゃくちゃ非効率じゃん!なーんだ、やーめた!」と自分に宣言してしまえばいいのです。

 

たったそれだけで、あなたに幸せがやってきます。  

腹が決まったら後は宣言するだけ。 アファメーションという名の脳トレを活用しよう。

あなたはアファメーションという言葉をご存知ですか?

 

アファーメーションとは、自分自身に対する「肯定的な宣言=ポジティブな口ぐせ」のことです。

 

細かいことは YouTube やブログや Twitter などいくらでも情報が探せますので、あなたに合ったものをあなたご自身でを見つけることをお勧めしますが、本当にこのアファーメーションが馬鹿にできないということを私はもう嫌というほど体験しました。

 

もっと早くに知っておきたかったよ」というのが正直な感想です。

 

今までも説明してきましたが人間の脳は90%以上の潜在意識でできています。

 

   

ここに色んな人が色んな事を言っていろんな洗脳してくるので、あなたの潜在意識はいろんな人の情報でいっぱいになっているということです。

 

それはあくまであなたではない第三者の情報なので、あなたの心の声がどこまで入っているかというのが問題なんですね。

 

この第三者の情報とあなたの心の声が限りなく一致していれば、あなたが生きづらさを感じることなどありません。

 

欲しいものは欲しい、いらないものはいらないと宣言する覚悟ができれば、あとは欲しいものをあなたの潜在意識にどんどん刷り込んで行けばいいだけなのです。

 

その時にポイントになるのが、「欲しいなぁ」という願望ではなくて「持っています」という理想を現実化した状態で宣言することですね。

 

これもたくさんの方が同様のことを仰っていますし、私も実際にやってみて、目の前はどうでもいいので、理想の形を現実化したものとして宣言する。

 

これは徹底して守るのがおすすめです。

 

アファメーションは脳のトレーニングです。

 

トレーニングですから毎日コツコツ続ければ成果が出ますし、止めてしまえばそこで止まってしまいます。

 

目に見えないので何 kg 痩せたとか、綺麗になったみたいな達成感は感じない時期がありますが、潜在意識は早ければ一週間、遅くても3ヶ月後ぐらいには変化が出始めるものなので、コツコツコツコツ脳トレを続けてください。

 

脳内の筋トレです。

 

諦めないで続けていると、ある日突然ふっと気づくことがあります。これを閃きと言うそうです。

 

この閃きという体験を何度か経験していくと、世の中の情報ってあてにならなくて無駄なことが多いなあとだんだん思い始めます。

 

「心の声に従う=シンプルで楽しい」ということが分かり始めるのです。

毎日繰り返すことで脳は良い錯覚を起こし始める。アファーメーションがそれを可能にしてくれる

これも脳科学の分野になってしまいますが脳というのは錯覚を起こすのだそうです。

 

あなたが誰かに受けてきたものが悪い洗脳だったとしたら、自分で自分のために良い洗脳を作ってしまえばいいということですね。

 

前回の記事で潜在意識はリラックスした状態の時に情報を受け入れやすいというお話をしました。これも同様のことをたくさんの方が発信されています。

 

生活のために仕事をしなくちゃとか、もう、〇〇(年齢)歳だからそろそろ〇〇(結婚とか、就職とか、人生でやらないといけないと思い込まされていること)しなきゃというのはあくまで世間的な刷り込みなので、それに従ったからと言って、結果あなたが良い人生を送れるかどうかは未来の結果で見るしかありません。

 

ただ、1つの言えるのは、自己肯定感が低い状態で行動をしたことはほとんど良い結果を生まず、またあなたの未来を苦しめる可能性が非常に高いということです。

 

例えば、バブル崩壊後に起きた就職氷河期であれば、大学まで出ているのに非正規でしか雇用されない時代がありました。

 

大学まで出ているのに正社員になれない。

 

これは世の中がおかしいだけですよね?

 

だって大学ぐらい出とかないと良い就職ができないよと言われてあなたは一生懸命勉強したはずなのに、大学を出てもろくに就職が出来ないなんて、そもそも詐欺だと私は思います。

 

バブル時代にアルバイトなんてしていると、何で正社員にならないの?ウチで雇ってあげるよなどと簡単に誘われました。本当ですよ。

 

単純に企業に金銭的余裕がなくなったツケが一般の人に回っただけの話です。

 

「正社員になれるだけありがたい。」とか「仕事があるだけありがたい。」みたいなことを言われてそうだと思い込んでしまうと、確かにそうかもしれないし生活はできてるけど、でも全然楽しくないじゃんみたいな状態を引き起こします。

 

「生きづらい」という言葉もこの辺りから生まれてきたのでではないでしょうか?

 

そうではなくて、少し大変な思いをするかもしれないけれど、自分の心の声が満足するものをとにかく探し続ける。一時的に自分の理想とはかけ離れた環境に身を置くことになったとしても、自分の信念は曲げない。

 

その軸をぶらさないためにも肯定的なアファーメーションというのはとても重要なんです。  

生きづらさとは社会的洗脳に負けた状態。他人の声では無く自分の声に従おう

生きづらさというのはある意味、社会的洗脳に負けてしまった状態を指します。

 

どっちに進んでいいかわからない。自分で決められない。それはあなたの自己肯定感が低いからです。

 

周りが何と言おうと、環境がどうであろうと、「自分はこっち、行きたいのはこっち。」

 

その道筋をぶらさないために脳にインプットをさせる作業がフォーメーションなんです。

 

その道筋になるのが、あなたの心の声=本当にあなたが望んでいること   なんですね。

 

アファメーションを繰り返すことで自己肯定感は徐々に上がっていきます。

 

 引き寄せとか願いが叶うとかいうのももちろんあるのですが、自分が行きたい道筋を宣言し続ける。

 

それも自分の心の声に従うわけですから、カーナビに沿って進んだ道はあなたにしか作れない道になるんです。

 

「自分はこうなっています」「自分はこういう人間です」と自分の脳に良い洗脳をし続けていくことで、あなたの潜在意識と言うカーナビは、必ずあなたを最適な場所に連れて行ってくれます。

 

 そう信じることで脳と心が安定してきますから、1日も早く始めてみてください。

 

じぶクリでは様々なお悩み対するコーチングを行っています。

 

メニューはこちら

 

本日はここまでです。

 

今日もお読みいただきありがとうございました。  

まとめ

1.世の中はその時代に合わせた洗脳でできている。あなたの幸せは心の声に従って、取捨選択能力を高めることですんなり手に入る

2.腹が決まったら後は宣言するだけ。 アファメーションという名の脳トレを活用しよう

3.アファーメーションの効果は1週間から3か月程度で効現れる。簡単、無料、やらなきゃ損! 4.幸せになりたければ潜在意識のクリーニングと自己肯定感アップだけに注力する、他の寄り道は一切必要ない。  

あわせて読みたい

  1. 自己肯定感

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

YouTubeチャンネル

生きづらさ解決コーチング じぶんクリエーションアカデミー

公式LINE@

RETURN TOP