google-site-verification: google27871a780d2a399e.html

心をはぐくむ演劇教育じぶんクリエーションアカデミー

発達障害と言われたゴッホの才能!人と違うことはマイナスではない!自分らしい生き方を活かす演劇のススメ

  • 最終更新日:

この記事は6分で読めます


心をはぐくむ演劇教育 じぶんクリエーションアカデミー

冨永真佑(とみながまゆ)です。

 

インターネットの普及とともに、「自分はアスペルガーです。」とか「発達障害です」とかというお悩みの投稿をよくみかけるようになりました。

 

 

そんな中、私は、じぶクリとは別にもう1つファンメイクシアターというサイトを運営しているのですが、あの「ゴッホ」の生涯を15分の短編にした映像演劇を制作中です。

 

 

 

ゴッホはアスペルガーだったと言われています。

 

【参考記事】

ADHDの画家ピカソとアスペルガーの画家ゴッホの共通点と違い―発達障害がもたらした絵の才能

 

37歳で亡くなりましたが、画家として活動したのは20代後半からのたったの10年です。

 

美術に興味が無く、ゴッホのこともほとんど知らなかった私ですが、今回、制作するにあたり、自分でも調べたりしました。

 

ゴッホもあなたと同じように、変だとか、人と違うことで「自分のことを誰も理解してくれない」

 

自分は一体何者何だろう?と孤独を感じていたそうです。

 

しかし、ゴッホはアスペルガーと言われ、誰も自分を理解できない孤独だったいうことから、絵と出会い、絵を描くことに寝食忘れるくらい取り組んでいき、絵を書くことで「自分」というアイデンティティーを見つけ出していった。

 

あなたももし、今他と違うから変だ!とレッテルを貼られて、「誰も自分のことをわかってくれない」と孤独を感じているのなら、もう少しこの記事を読み進めてみてください。

 

生涯、周りの評価に苦しみ続けたゴッホ。絵に没頭する時、変な子レッテルは才能に変わった

フィンセント・ファン・ゴッホは今でこそその作品が億単位で購入される高い評価を得た画家で有名ですが、その生涯は決して幸せなものではありませんでした。

 

生前中に売れた絵はたったの1枚と言われています。

 

ひまわり、アルルの跳ね橋、黄色い家、夜のカフェテラスなど、今でこそ有名な絵のほとんどがなくなる2年前以降に描かれたものです。

 

 

もともとは画商で、自身が絵を描いていたわけではありません。

 

オーナーとの価値観の違いから解雇をされ、その後、聖職者になるための勉強をします。

 

が、そこでも周りとの軋轢から追い出され、自分の居場所を見つけられないという苦しみを負っています。

 

幼い頃から両親の愛を十分に受けられず、「変わり者」「お前はおかしい」と非難の声を浴び続けていたことで、精神を病んでいきました。

 

 

ゴッホといえば、片耳を切ってしまったことで有名ですよね?

 

ゴッホを調べる前はその事実の背景に興味がありませんでしたが、今回お願いした脚本が素晴らしく、これを読むたび、ゴッホの生まれてきた意味を考えさせられています。

 

私も周りの評価を気にしすぎて、ちょっと精神的に病んでいたかも知れないというお話をこのサイト内でも何度となく書いています。

 

それくらい、「周りの人に与えられる影響」というのは、自分の人生を大きく左右します。

 

けれど、それはあくまで「周りの人が勝手に与えた評価」であり、本当のご本人の姿では無いということを今回の脚本を通して強く感じています。

 

 

ゴッホは本当に絵が大好きで、一人キャンバスに向かい一心不乱に絵を描いている時はとても幸せだったようです。

 

何とその作品数は1,000枚以上。

 

画家としての活動は10年ですから、1年に100枚ということは3日に1枚仕上げている計算になりますから、これはすごいスピードです。

 

そして描いた絵のほとんどが「暗い」と言われて生前は評価されませんでした。

 

ですがゴッホにとって、

 

絵を描く=彼にとっての最大の自己表現

 

だったのではないかと感じています。

 

元来の芸術家なのに、周りがそれに気が付かなかっただけだと私は思いますが、どうですか?

 

私も「演劇」という表現の中で何度も癒され、自分を肯定することが出来ました。

 

周りにも親にも変な子扱いされ、その縛りの中からなかなか抜け出せなかった私ですが、変な子レッテルは「芸術」をやる人間には返って必要不可欠なことだと自信を持てた時、そのレッテルは私の勲章となりました。

 

 

 

『普通じゃだめだよ、表現する人間は!自由自在じゃないと、それって凄いことなんじゃない?』

 

そんな風に捉えられ、そこに行きつくまで本当に長い年月を要したので、ゴッホの苦しみもとてもわかるのです。

 

マイナス要素を表現に活かす。傷ついた心を芸術に!

自己肯定感というのは幼い頃に経験した環境がかなり大きな影響を与えます。

 

一度脳内に植え付けられてしまった「周りの評価」に縛られてしまうと、そっちが本当の自分だと思い込んでしまう。

 

けれど、心は納得していないので、バランスを崩してしまう。

 

こんなからくりを私ももっと早い段階で知り、客観的に受け止められていたら、大人になってからの行動がずいぶん違っていただろうと強く感じています。

 

けれど、演劇をやることによって今は「嫌な過去を活かす」ことが出来ているなと感じているのです。

 

 

ゴッホの自己肯定感の低さは半端ではありませんでした。

 

晩年、アルコール依存症を治すために精神病院に入院します。

 

ここまで病むと、それを役として演じるには、自身に体験が無いとなかなか難しいです。

 

今、俳優さんに稽古していただいているのですが、ここはかなりの表現力が必要になります。

 

私は稽古をする時、必ず俳優さんにお伝えすることがあります。

 

「セリフを覚えることよりも、そのセリフの裏にある背景をたくさん感じてください。」

 

セリフというのは脚本に書かれている言葉なので、文字が読めれば誰でも声にはできます。

 

けれど、そのセリフに嘘があるとお客様には伝わりません。

 

俳優になりたい人はこういうことを専門の学校等で勉強するのですが、私はそういうところに行ったからといって、うまくなるとは思っていません。

 

むしろ、演技なんてやったこと無い方でも上手な方はたくさんいます。

 

その違いは

「どれだけ他人の気持ちを理解できるか?」

 

という能力の有無だけだと思っているからです。

 

 

例えば私はとても健康で、大病をしたことがありません。

 

そうすると、病気の人の役は

「なんとなくこんな感じだろう」

という予測の元でしか行えません。

 

そこに嘘が無いようにするために、体験者さんの声を拾ったりしながら、

「そういう状況になった時の感情」

をたくさん感じるようにしています。

 

 

人は普段、自分の感情が言葉になり、声になって会話が成立しています。

 

けれど、これが役になると、他人が書いた脚本の他人の人生の一部を演じるので、その人の言葉を自分の言葉と馴染ませる作業が必要になります。

 

その時に「相手に寄り添い、相手を受け止め、理解する」

という作業が必要になるんですね。

 

そこさえできれば、「感情」という軸が出来るので、その人の気持ちをセリフで代弁してあげるだけ。演技経験は関係ありません。

 

もちろん、立ち姿とか、動きとか、段取りみたいなことは経験が必要ですが、人が演劇を見て感動するのは、技術の部分ではなく、気持ちに共感できるかどうかがすべてなので、より深い人生を経験している人の方が圧倒的に有利なのです。

 

自己肯定感が低いと、「そんなこと言われても」とつい思ってしまいがちですが、心の傷をたくさん抱えている人の方が本当は評価されるべき能力をたくさん持っていると今では言えるようになりました。

 

理不尽を表現し、社会に問題提起をする。演劇は最高の表現ツール

今、日本の人口は1億2千万程度で、世界人口は76億人だそうです。

 

そんな中で、自分の人生に関わる人の生涯人数って何人だろう?と思ったのですが、どれくらいだと思いますか?

 

これは人によってかなり差が出ると思いますが、せいぜい数百人から数千人ですよね?

 

それはとてもちっぽけな世界だとは思いませんか?

 

そんな小さな世界は早く脱出して、自分の使命を見つけると、寄り道をしなくてよくなるということを芸術は教えてくれるのです。

 

それがあなたにとって絵を描くことかもしれませんし、歌を歌うことかもしれません。

 

 

そして、「演劇」は人そのものを表現することなので、役と自分が重なりあった時、自分の経験が活かせたと実感できるのです。

 

 

今はSNSのおかげで、理不尽を投稿するという行為が有利に働き、社会的支持を得ることができる時代になりました。

 

逆に言えば、今はとても恵まれた時代なのです。

 

まったく知らない人でも、その人の発言に賛同、納得すると「いいね!」がついたり、シェアされたりして、共感者を作ることが誰でも可能になりました。

 

それは自分で環境を選び、付き合う人を選ぶ選択肢がいくらでも見つけられる時代になったということ。

 

なのに、不自由を感じているのは、他ならないあなた自身だということに、ぜひ気づいて欲しいのです。

 

生まれ持った才能や魂を活かすことは当然の権利ですし、それがその人にとって一番幸せを感じる瞬間なのです。

 

それをあなたでない誰かが評価したり、進む道を決めつけたりするのはとてもおかしいことなんですね。

 

 

演劇はそういった社会問題を提起する作品もたくさんあるので、つい視野が狭くなりがちな日常生活に多くの刺激を与えてくれます。

 

声をだしたり、体を動かすことによって全身でリフレッシュを感じることができますし、同じような価値観や考えを共有できる仲間も生まれますから、本当におすすめなんです。

 

 

変な子は人には無い才能を持っている!

 

そういう励ましを貰える社会になっていれば、あなはた今、家に閉じこもって辛い思いをする必要はありませんし、そういう自身の体験が同じ思いをしている誰かの役にも立つんです。

 

それをとてもリアルに表現できるのが、「演劇」なんです。

 

ぜひ、一度体験してみてくださいね。

 

体験WSは各クラス別にご案内しています。

 

詳細はこちらをご覧ください。

 

クラス紹介

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ファンメイクシアター


ファンメイクシアター

公式LINE@

RETURN TOP