生きづらさ解決コーチングじぶんクリエーションアカデミー

正規雇用と非正規雇用。これからの時代は?近未来の正しい働き方

  • 最終更新日:

この記事は4分で読めます

こんにちは

 

生きづらさ解決コーチの冨永真佑(とみながまゆ)です。

 

じぶクリについてはこちら

 

学校の仕組みだけでは無く、これからは働き方の仕組みも大きく変化していきます。

 

今日は人気ドラマ「派遣の品格」のお話しも交えながら、これからの時代の働き方について考えてみたいと思います。

 

会社に行くのがしんどいなと思っている方、未来の働き方は今とは全然違ったものになりそうですよ!

正規雇用と非正規雇用!帰ってきた「派遣の品格」。令和の働き方は正規?非正規?

私は社会人になって約35年経つのですが、その8割を正社員ではなく、派遣社員として過ごしました。

 

今でこそ、非正規雇用の代名詞のような「派遣社員」ですが、私が派遣を始めた30数年前は今とは派遣に対する考え方も違っていました。

 

今では直接雇用の「人件費(固定費)」を、人材派遣の活用による「変動費」に置き換えるような感覚が強いですが、私が働き初めた昭和60年代から平成の初めくらいまでは、もう少しプロフェッショナルな感じでした。

 

そう!プロフェッショナルな派遣と言えば、あの人気ドラマ「派遣の品格」です。

 

派遣の品格

【画像は公式サイトより】

 

コロナの影響で撮影がストップしてしまい、現在放送が延期になっていますが、13年の時を経て、またあの大前春子が帰ってきます!

 

当時の視聴率は20%前後で、人気ドラマでしたが、正社員として1つの会社に属せない私としては共感できる部分が多く、第2シリーズがとても楽しみです。

 

さて、正社員でもなかなかお給料が上がらない昨今ですが、1つの会社に縛られることなく自分のスキル1つで働き、残業もしない、余計な付き合いもしない春子の姿はある意味とても自由で効率的な働き方にも見えます。

 

以前の記事で、これからは1人の人が複数の会社で複数の仕事を持つ、「複業」がオーソドックスな働き方になりますよ、とお伝えしたのですが、これからは「スキルシェア」の時代になっていくんですね。

 

【関連記事】

複業準備のススメ!魂が喜ぶソウルワークという働き方をするためには自分を知ること

 

ですから、スキルによって複数の仕事をかけ持つことが一般的になります。

 

1日中、同じ建物の中で、同じ顔触れで決まったお給料で働くのでは無く、一人一人が個人事業主に近いような形で自立して働くのが一般的になってくるわけです。

 

そうなれば、1つの会社に縛られませんから、社風とか上司がどうとか、変なストレスは今よりずっと少なくなるかも知れません。

 

リモートワーク

会社鬱なんて、1つの会社にずっと居続けて社風や上司が合わないことが原因で起こるのですから、移動しながら仕事ができるのであれば、そういう面では今よりいいかも知れないですね。

 

その代わり「スキル」が今より一層問われるようになるかもしれないです。

 

正規とか非正規では無い、新しい働き方が生まれそうです。

人は好きなことなら頑張れる。魂が喜ぶことを活かした仕事をしよう!

例えば、私は魂的に、「教育」と「芸能」に向いている風に生まれてきてしまいました。

 

けれど、会社の仕事でそれが必要とされるか?というと、ほとんどされたことはありません。

 

「自分だったらこうするのに!この方が効率がいいのに!」と思っても、やり過ぎると出る杭になってしまうので、いつも力半分くらいで働いてきました。

 

資料が上手に作れるとか、そういうことってAIが出てくるとあまり要求されなくなると思いますし、生活のために働くことはあっても、それが好きで好きでたまらなかったわけではないですね。

 

ですが、今はこうやってブログを書いたり、コーチングをして、人様の役に立つ「先生的」仕事ができるようになり、正直、会社員の仕事の何倍も充実しているわけです。

 

自分に合ったことであれば、多少大変でも、自分で決めたことですから、ストレスもありませんし、頑張れます。

 

元来、労働ってそういうものなんじゃないでしょうか?

 

これからは寿命も延びて、働く年数も増えますし、今までに無く働き方が多様化していきますから、どうせなら好きなこと、自分にあったことを複業していけたら理想的だと思いませんか?

 

だからこそ、自分で決めて自分で考えて自分で行動する、人間力が必要になってくるのです。

 

そして来る近未来の働き方に向けて、「生活のため」では無い、あなたの魂が喜ぶあなたが心から楽しめる、社会の役に立つスキルを磨いておくといいのでは無いでしょうか?

正規雇用と非正規雇用。会社との関係は個人が決めていく。働き方改革は「人間中心社会」

未来の働き方について、こんな記事を見つけました。

 

【参考記事】

未来の働き方を徹底討論! 会社との関係は個人が決めていく

 

タイトルが頼もしいです。

 

「会社との関係は個人が決めていく」

 

まさに、派遣の品格の主人公、大前春子の考え方です。

 

どういうことかというと、今までの会社の仕事の大半は「作業」だったと思うのです。

 

職種で就職、採用されると言うか…

 

つまり、「あなたでなくても同じ職種経験、同じ能力の人なら誰でも取って変われる仕事」でした。

 

会社の仕事の大半はそういうものではないでしょうか?

 

会社というのは、大勢の人で構成されていきます。

 

社長がいて、役員がいて、部長がいて、課長がいて   総務があって、経理があって、営業がいて、技術がいて、広報がいて   いろんな人でや部署で構成されたピラミッドですから、「あなたでなければならない」わけではありません。

 

会社の業務を埋めてくれる人材が欲しい。

 

できれば、会社にとって利益をもたらしてくれる人で、会社の言うことを素直に聞いてくれる人。

 

こんな感じでは無かったでしょうか?

 

どちらかと言うと、「会社が個人との関係を選ぶ」   だったので、どうしても雇用される側の立場が弱い。

 

特に不景気が続いた平成はずっとそんな感じだったと思います。

 

それでは働いていても、楽しくありませんよね?

 

ですが、この記事の中にもありますが、

 

「人間中心社会」 個人が社会との接点を考え、会社との付き合い方を決めていく時代

 

と書かれており、新しい考え方の会社がこれからどんどんと生まれてきます。

 

大企業で働くことよりも、自由な発想でスキルをシェアしあう

 

そんな考え方に移行していきそうです。

 

朝になると   「ああ、会社行きたくないな」 みたいな働き方では無くて、自分の得意とすることや、熱中してできることでスキルをシェアできるような働き方であれば、充実した楽しい労働が出来そうです。

 

未来の働き方

 

「今、目の前の労働環境からはとても想像できない!」 という方も多いかも知れませんが、世の中はどんどん変わっていきますから、仕組みが出来上がってしまった、今までの会社の価値観の延長戦上で働くよりも、新しい考え方、価値観を持った会社であなたのスキルを活かす働き方に向けた準備をした方がいいかも知れませんよ!

 

じぶクリでは、転職やお仕事の悩みについてはこのようなコーチングプランをご用意しています。

 

単発でのご相談もお受けてしています。

 

ご活用下さい。

 

本日はここまでです。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

まとめ

1.これからは1人の人が複数の会社で複数の仕事を持つ、「複業」がオーソドックスな働き方

2.スキルシェアの時代だからこそ、自分で決めて自分で考えて自分で行動する、人間力が必要になってくる

3.今の働き方に疑問を持っているならば、新しい考え方、価値観を持った会社であなたのスキルを活かす働き方に向けた準備をすることがおすすめ   社風や企業理念という軸に社員側

あわせて読みたい

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

youtube

RETURN TOP