心をはぐくむ演劇教育じぶんクリエーションアカデミー

パンテーンが就活女性の本音を広告で代弁!自分にあった会社を見つけるための就活法って何でしょう?

  • 最終更新日:

この記事は7分で読めます


心をはぐくむ演劇教育 じぶんクリエーションアカデミー

冨永真佑(とみながまゆ)です。

 

ヘアケアブランドのパンテーンが就活女性の本音を代弁するという、大胆な広告を展開しています。

 

「自由な髪型で内定式に出席したら、内定取り消しになりますか?」

 

黒のリクルートスーツを着た典型的な就活生の後ろ姿とともに、定番の髪形である黒髪を後ろで一つ結びにしたひっつめ髪。

 

新聞広告や渋谷駅、東京メトロ線内で展開しているそうです。

 

私も地下鉄に乗っていて目に止まりました。

 

広告は全部で9パターンあり、パンテーンの本気度が図れますね。

 

公式サイトに行くと、このように合計1万字以上に及ぶアンケートの回答を読むことができます。

 

 

呪いの呪文のようにちょっと怖い感じがしますが(笑)、これだけ思っている人が多いと言うことですね。

 

お洒落をしたい年頃ですし、真っ黒というのはお葬式の時ぐらいしか見ませんから、当然と言えば当然です。

 

今日は、背伸びをせず、自分に合った会社を見つけるためにはどうしたらいいのか?

 

短期間で退職や転職を繰り返さないで済む、あなたに合ったあなた流の就活法を考えてみたいと思います。

 

 

長文を読むのが苦手な方は、こちらの動画でどうぞ

 

 

あなたは就職に何を望む?現実的ニーズとウォンツの不一致を知っていますか?

パンテーンはなぜこのようなキャンペーンを展開したのか?

 

パンテーンによると、

 

“日本では現在も無意識のうちに「女性はこうあるべき」という固定概念にとらわれる傾向があり、就職活動においても同様に感じていたとのこと。そのため、実際の就活生の声を聞いて伝えることで、「今よりも自由にありのままの姿で自信を持って活躍していくことを後押しできたら」との思いで発足させたという。

 

黒髪・ひっつめ髪・リクルートスーツに疑問を呈するメッセージ広告に、Twitterでは共感の声が多数。「髪がピンクだろうが金髪だろうが仕事に支障はないはずだし、そんなんで人の良し悪しは決まらない」「自分らしい格好でそれを認めてもらえる会社に入社するのがあるべきカタチ」「全社の人事部の皆様に見てもらいたい」といったコメントが寄せられ、大きな反響となっている。”

【livedoor newsより抜粋】

 

これ、私もずっと思っていました。

 

まあ、TPOがありますし、会社のイメージもありますから、ピンクだろうが金髪だろうが…

 

というのはちょっと飛び過ぎだとは思いますが(笑)

 

でも、言いたいこと、気持ちはわかります!

 

 

自分が就活世代では無いので、春先になると、「ああ、新入社員の季節か」と、目に入っているようで入っていなかったのですが、いったいいつから黒スーツのひっつめ髪だったのだろうかと思い調べてみたところ、こんな記事を見つけました。

 

【参考記事】

リクルートスーツ「売り上げの8割が黒」の理由を専門家検証

 

世の中が不況になり、節約と言う意味もあって無難な黒が選ばれるようになり、いつのまにか

「黒じゃないとダメ?」

「黒が無難」

 

という雰囲気が広がっていった感じですね^^;

 

 

だってそうです。

 

昔は黒なんて着てませんでした。

 

 

ちなみにこんな記事も見つけましたよ。

 

【参考記事】

こんなに変わるの!?リクルートスーツの流行を時代別に追ってみた!

 

 

時代とともに、常識と言うのは少しずつ変わっていきます。

 

日本は個人より集団を大切にする民族ですし、洋服屋さんも売れ筋を置くのは当然ですから、今は黒一色が一般的だと思い、合わさざるを得ないのでしょう。

 

 

けれど、本音はみな

「ダサい」

「本当は着たくない」

「就活の時だけだからしょーがない」

 

と思っているわけです。

 

 

その本音をうまく広告に活かしたパンテーン

 

さすがですね!

 

あ、でも、企業側は別に、「絶対に黒スーツじゃないとダメ!」なんて言ってないらしいですよ^^;

 

【参考記事】

黒スーツじゃなくてもいい?就活マナーの実態

 

 

さて、あなたはそもそも

「働く」

ということに何を求めていますか?

 

これは、「エン転職」上で実施した「仕事の価値観」に関する調査結果だそうです。

(調査期間は2017年8月1日~31日、有効回答は20代のエン転職利用者2,287人。)

 

1位「プライベートを大切に働けること」(59%)、

2位「人間関係の良い職場環境で働くこと」(55%)、

3位「自分らしい生活ができること」(40%)

 

全体的に女性が男性のポイントを大きく上回る項目が多いことがわかりました。

 

うーん、残念ながら、こういう理想を叶えてくれる会社ってとっても少ないと思うんです。

 

 

こちらは、Vorkersのデータです。

 

【働き過ぎ?残業の平均時間は47時間】

 

 

残業時間が30時間以上と答えている労働者が50%以上いる、平均時間は47時間、つまり毎日2時間以上残業しているという結果になります。

 

この拘束時間だけを考えても、1位と3位はなかなか難しそう。

 

そして、問題は2位の人間関係の良い職場環境。

 

これもずっと問題になっていますね。

 

働いてお金を得るということは、なかなか難しいこと。

 

このような社会の現実を、小学校から大学までどのタイミングで知られるように日本の教育はなっているのか?

 

???

 

よく考えると、

「いい会社に就職しなさい」

 

という大人はたくさんいるけれど、

 

「いい会社」

ってそもそも何なのか?

 

働くって、どこがどう大変なのか?

 

あらかじめの情報として、教えて貰える場所ってとても少ないと思うんです。

 

だから、就活中は少しでも良いところに内定を取りたくて、会社側に合わせようとするけれど、本当は本音は全然違うところにあるので、いざ入社してみると、自分の本音が抑えられなくなって5月病とか、早期退職とかになってしまうのかも?

 

あなたはどう思いますか?

 

条件は大事。けれど、自分に合っているかどうかの基準を見つけるのはやっぱり自分

私は、父親が自営業だったと言うこともあり、また自分の気質が本当に会社員には向いていないと言うことを体感し、合わないことをやるのはやっぱり心が壊れる…そう思い、遅まきながら起業をしました。

 

個人で何かを始めるのは大変なことの方が多いですが、もともと自分の考えや価値観をこうやって誰かに伝えたりすることはまったく苦では無いので、結構楽しいです。

 

この10年くらいで、ネット社会となり、一個人がこうやってネットを使えばビジネスを立ち上げることは容易になりました。

 

逆に言えば、10年前ならできなかったことです。

 

AIの普及とともに、半分の仕事が無くなると言われていますが、だからこそ、今はまだ一般的では無い、新しい仕事もこれからきっと出てくるでしょう。

 

 

先日、ネットを駆使した至れりつくせりの高等学校のご紹介をしました。

 

【関連記事】

「N高等学校」驚きの新スタイル高校にびっくり!AI時代の学校の存在意義って何でしょう?

これを見た時に、「わあ、自由だな~」と思ったのです。

 

やっと時代が来たな~、頼もしいなぁと。

 

自分に合った自分サイズの自由を、もっと本音で満喫すればいいのでは無いかな?と思うのです。

 

パンテーンで本音をつぶやいた方々も、結局は処世術に走って自ら違う方向に進んでしまっているのでは?と感じるんですね。

 

 

でも、会社員になるメリットはたくさんあります。

 

1.毎月安定した収入が確実に得られる

2.雇用保険、社会保険、福利厚生など自営業には無い恩恵がある

3.仕事をしながら、スキルアップができる

4.決められた日数のお休みがある

5.有給休暇が取れる

6.ボーナス、退職金(無い会社もありますが)が支給される

 

一昔前は「社畜」なんて言葉が流行りましたが、まずはこれだけの恩恵が確かにあるんです。

 

生活の心配をしなくて良い

 

めちゃくちゃ大事なことですね。

 

 

辛いな、しんどいな…

 

そう思うと、嫌なところばかりが目につき始め、良いところに目がいかなくなる…

 

それが人間です。

 

けれど、もちろんデメリットもあります。

 

1.通勤が大変

2.拘束時間が長い

3.職場の人間関係がイマイチ

4.仕事が楽しくない

5.入社した時のイメージと現実が全然合わない

 

人はからだだけが大人になっても、経験しないとわからないことがたくさんあります。

 

けれど、入社した会社がよほどブラック企業で無い限り、どこへ行っても環境はそう変わらないと思うのです。

 

その前に、なぜあなたがその会社を受けようと思ったのか?

なぜその会社に入社しようと思ったのか?

 

そのチョイスの段階で何を優先順位にしたのか?

 

そこからしてそもそも正しかったのか?

 

辞めたい、休みたいと思う前に、そこを見直す必要もあるのでは?と思うのです。

 

 

そして、自分の得意、自分の本当に好きなこと。ワクワクすることは何なのか?

 

それは、職業にできることなのか?

 

職業にはできないなら、仕事とのバランスを取りながらできることなのか?

 

まずは自分の立っている位置、環境、そして自分自身をを冷静に見つめることから始めるべきでは無いでしょうか?

自分を知るためには、自分の心の内側に聞いてみること。感情表現は自分の内面を知る最良の方法

私のお知り合いに高校で40年間、国語を教えている先生がいらっしゃいます。

 

その方の元教え子さんが去年、突然その方を訪ねて来られたそうです。

 

お知り合いは、教員をしながらずっと演劇をやっていらっしゃって、今も非常勤講師をしながら、合間を見つけては朗読をやったり舞台に立ったり、演出をしたりと、空いている時間のほとんどを表現活動に使っていらっしゃいます。

 

生徒さんはもう10年前の卒業生さんだそうですが、その方を訪ねて来られ、

 

「彼女と一緒にもう一度芝居をやりたいので、先生、演出をしてくれませんか?」

 

と申し出されました。

 

大学を卒業して、ずっと会社員として働いてきたけれど、会社うつになってしまい、退職してしまったのだそうです。

 

高校を卒業してから演劇とは疎遠になっていたけれど、もう一度自分を見つめなおすためにやってみたいと思い、先生のことを思い出したと。

 

 

私も舞台を拝見しましたが、彼女さんと息ぴったり!

 

それはもう素晴らしい舞台でした。

 

 

1時間ちょっとの二人芝居でしたが、全然集中が切れることも無く、とても素晴らしかった。

 

そして、その教え子さんはまた社会復帰を果たされたそうです。

 

 

そう、演劇は本当に心を癒してくれますし、自分を見つめなおす最良の薬になってくれるんです。

 

 

熱をもって、誰かに何かを伝える

 

「表現する」とはもともと人間がもっている本能的欲求だと思うのです。

 

 

 

会社にいると、どうしても上司の命令や仕事の締め切りやお得意様の機嫌や、自分では無い他の人に合わせないといけませんから、知らない間にストレスが溜まってしまう。

 

だからこそ、週に1度でも2度でも、月に1回でも2回でも自分を見つめなおす、開放するということがとても大切です。

 

けれど、毎日残業続きで週末は疲れて寝てしまうとか、自分なりに発散しているつもりだったけど、やっぱり溜まっていたとか。

 

赤信号が出てしまうことも、長い人生ですから絶対にあります。

 

それを調節したり、取り戻したりするために、

 

「声と感情で表現する」

 

と言うのは、内側に溜まってしまった熱を外に放出する感じです。

 

 

さらに、内側にじわじわと温かい、優しい感じが残ってくれる。

 

とても奥の深い、人間の本能的欲求に叶ったものなのです。

 

こればかりは頭で理解できませんからね。

 

やってみるに限ります。

 

 

じぶクリは来年度の開校を前に体験ワークショップを行います。

 

年内、入会金0円キャンペーン中です。

ワークショップのご参加をお待ちしております!

 

 

本日はここまでです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ファンメイクシアター

公式LINE@

RETURN TOP