生きづらさ解決コーチングじぶんクリエーションアカデミー

複業準備のススメ!魂が喜ぶソウルワークという働き方をするためには自分を知ること

  • 最終更新日:

この記事は8分で読めます

こんにちは

 

生きづらさ解決コーチの冨永真佑(とみながまゆ)です。

 

じぶクリについてはこちら

 

今までの日本的なピラミッドを形成する縦割りの働きから、欧米型の横割りの働き方も導入されてきましたが、そこからインターネットの普及により働き方が大きく変わってきました。

 

日本の企業では副業禁止となっていましたが、政府主導の働き方改革などもあり、副業解禁を打ち出す企業も多くなってきました。

 

しかしながら、まだまだ働くことでの人間関係や、通勤での苦痛を感じる人が多く、働くことで生きづらさを感じる人も多いです。

 

大学行って就活をして、内定まで頑張っていざ働き出すと「思っていた仕事と違う」「本当にやりたいことではない」「毎日同じことばかりで充実感がない」このように感じてすぐに辞めてしまう人も少なくありません。

 

あなたは今仕事が楽しいですか?

 

お給料のこととか生活のこととか気にしなくていいから、本当にやりたいことを仕事にしていいよと言われたら何をしたいですか?

 

本当にやりたいことを仕事に=これを「ソウルワーク」(魂の仕事)と言います。

 

近未来の働き方は、今とは全く異なっているそうです。

 

今日は魂が喜びあなたの能力を最大限に発揮できできる、「ソウルワーク」という働き方のお話しです。

複業準備のススメ!『働き方が改革』施行から約1年。あなたの職場は良くなりましたか?

前々回に映画「ちょっと今から仕事やめてくる」のご紹介をしながら、日本の企業の指導力は平成になって一気に落ちたという記事を書きました。

 

 

これまでの問題点を踏まえ、働き方改革が2019年4月から施行され、約1年が経過しましたね。

働き方改革

 

働き方改革とは

(1)非正規雇用の待遇差改善

(2)長時間労働の是正

(3)柔軟な働き方ができる環境づくり

(4)ダイバーシティの推進

(5)賃金引き上げと労働生産性向上

(6)再就職支援と人材育成

(7)ハラスメント防止対策

 

を掲げてスタートしましたが、あなたの職場はどうですか?

 

以前に比べて働きやすくなりましたか?

 

具体的に改革案が活かされてるなと感じますか?

 

働き方改革と言ったところで、それを実現させるには各企業での色々な見直しや諸事情というものがあります。

 

働き方改革で多少の緩和措置が取られたとしても、企業に雇われ労働力を提供し、その対価としてお給料をいただくという構図に変わりはないわけです。

 

ここに「日本人の職場への満足度は、世界との様々な比較調査で、最低レベル」ということが書かれた記事(記事は2017年のもの)があります。

 

参考記事】

日本の仕事満足度は世界最低クラス!?『職場への満足』を高めるために今すべきこと

 

ここに、

日本人の職場への満足度は、世界との様々な比較調査で、最低レベルであると報告されている。

2005年の調査で、日本で働く人たちの仕事の満足度は、世界32カ国と地域中28位という低さ。

最新の2015年の調査では、世界ランキングは周知されていないものの、2005年の満足度合計が73%から2015年では60%に下がっていることから、相変わらず世界最低レベルであると推測できる。

その他にも、日本で働く人たちの会社や仕事に対する満足度は、世界的に見て低くなっているという調査が後を立たない

 

書かれています。

 

そして

昨今の職場への満足度を向上させるための企業施策の特徴は、ダイバーシティの進展もあり「働きやすさ」を重視していることにある。

産休・育休・介護休暇を取りやすいようにしたり、テレワークの推進や出勤時間をフレキシブルにしたりする動きが盛んだ。

「働きやすさ」を高めることによって『職場への満足』を高めようとしている。

 

書かれており、まさにこれが働き方改革です。

 

ですが、この記事を読み進めると、   働きやすさは本当に『職場への満足』を高めるのであろうか。

 

という投げかけがされています。

強制や監視では人は動かない。変わるべきは社員ではなく、企業の社員に対する考え方

もちろん、環境面は大事です。

 

有休が取りづらいとか、家族の緊急時に休みづらいとか、そもそもそんなのもっと昔に改善するべきことです。

 

環境面が整うのはいいのですが、本当に働きやすい職場というのはそれがすべてではありません。

 

この記事の続きにも書かれているように、

 

「職場への満足」が高い企業 は他者に関心があります。

挨拶があちらこちらで聞こえ、自然な笑顔で満ちています。

いきいきと働いていることがはっきりと感じられます。

逆に「職場への満足」が低い会社は他者に関心がありません。

仕事はしていますが、皆がバラバラ。挨拶や自然な声掛けなどもほとんど聞かれません。

聞こえてくるのは内向き・後ろ向きの話しばかりです。中でも、多いのは会社や上司、同僚への不平不満です。

 

とあるように、本当に大事なことは、心が同じ方向に向きやすい空気を企業が作ってあげてるかどうかなのです。

強制・命令ではなくて、心が通い合っている1チームかどうか、ということですね。

会社の仲間

とても簡単なことなのですが、できていない企業が多いように私は感じています。

 

挨拶とかちょっとした声かけなんて簡単にできますよね、本当は。

 

要は皆それぞれの魂が喜ぶように仕事をさせてあげるのにはどうしたらいいか、ということに企業もいい加減、着目するしかないのです。

 

会社の都合で人を選んでも、会社の思った通りの人なんてそもそもいないということにそろそろ気づかなければいけません。

 

なぜなら、皆、顔かたちが違うのと同じように、魂が違うからです。

勘違い上司が多すぎる!「監視をすること=指導」じゃないでしょ!

こんな例があります。

 

コロナウィルスの影響によってテレワークの導入が広がり、 Twitter では色んな立場の方が、いろんなことをつぶやいていますが、その中でやはり「ああ、これじゃ全然意味ないじゃん!」と思ったのが、上司からの監視がひどくなったというツイートでした。

 

監視する上司

家にいてサボっていないか、それを監視することが上司の仕事になってしまっているという呟きです。

 

この上司は「監視をすること=指導だ」と勘違いしてしまっているのですが、本当にこれって気分悪くするだけなんですね。

 

モチベーションを下げていることを指導だと勘違いしている中間管理職の方があまりに多すぎます。

 

要は、その部下のことを信用していない。いえ、それ以前にその人の人間的な部分を知らないのです。

 

仕事とは、その人の自主性や主体性が活かされて、初めてクオリティが上がるのです。

 

魂が喜んでいる状態です。

 

この魂が喜ぶ仕事が出来るようになると、人は生まれてきた意味を感じられますし、その人が持っている能力も最大限に発揮できるようになります。

複業準備のススメ!会社で不要な能力があなたの未来を変えるかも?!

さて、冒頭で近未来の働き方は、今とは全く異なっていると書きましたが、何がどう変わるかと言いますと…

 

【企業の変化】 働く目的が社会や地域への「貢献」に変化   【個人の変化】 多様な人たちが自由に、主体的に「働く」ことを選べる環境へと変化   【コミュニティの変化】 会社に捉われない、新たなコミュニティの形成

 

あなたが望むかどうかは別として、AIの進化、導入は避けられませんし、その影響で無くなる仕事も実際あるでしょう。

 

ですが、今のような幸福度が低いまま生活のために働いている状態より、夢があってよほど健全な働き方ができるようになるのではないか?と思うのです。

 

勘違いしていただきたくないのは、私が勧めているソウルワークとは、巷でよくあるような「好きを仕事にしましょう」みたいなことではありません。

 

起業にはセンスとか強い意志とか人脈とか情報収集とか、さまざまなことが要求されます。

 

誰でもできるものではありませんし、向き不向きもあります。

 

そうではなくて、会社員のままでも無理をせずあなたに眠っている、会社では要求されないけれど、あなたがもともと持っているあなたにしか無い能力をいかせる何かがあるのではありませんか?という投げかけをしています。

 

それを踏まえた上で大事なことは、その時にあなたがどんなスキル提供できるかということですね。

これからの時代に必要なのは労働では無くスキル。あなたにとってのスキルって何だろう?

さて、スキルとは何でしょう?

 

スキルとは

 

教養や訓練を通して獲得した能力のこと。日本語では技能と呼ばれることもある。生まれ持った才能に技術をプラスして磨きあげたもの。

 

です。

 

未来の働き方はどこか一か所の企業に長時間拘束されるのではなく、皆が複数の仕事を掛け持ち、自分に合ったライフスタイルが持てるようになることが特徴です。

 

今までの企業は欠けている部署で所定の作業をしてくれる人を求めていました。

 

人事とか総務とか広報とか営業とか技術とか…   会社の中での役割分担です。

コミュニティ・ワーク

 

人材として採用されたつもりが、実際に入ってみると会社のやり方って大体決まってますよね?   新しいことに取り組みたいとか新しい人材を入れて活性化させたいとか言いながらも、実際にそれをやろうとすると上司の許可が必要とか、周りへの協力が必要とか…   じゃあ最終的に誰がお膳立てしてくれるの?みたいなことでくすぶっていることが多くありませんでしたか?   集団行動というのは皆が1チームにならないとなかなか本来の力を発揮できません。   ですが、これからは働き方のスタイルそのものが変わっていきます。   複数の仕事を掛け持つのですから、どれか1つは生活のためかも知れなくても、他も同じである必要は無いのです。   会社では要求されないけれど、実はこういうことが好き、こういうことが得意。   資格とはまた別の、あなたにとっての「生まれ持った才能に技術をプラスして磨きあげたもの」、それが大事になってきます。

 

自分の才能や強みを見つけるためにはどうすればいい?

自分が本当にやりたいことってなんだろう?

 

自分が好きなことや、才能って一体なんのだろう?

 

なかなか見つけられずに、親もうるさいし、周りも就職するからとりあえず就職して…と言う人が多いと思います。

 

実は、この流れがソウルワークを見つけることを阻害してしまう要員でもあります。

 

実際に、自分のために就職したわけではなく、誰かの価値観の中で就職しているので働いてもモヤモヤしてしまうのではないのでしょうか。

 

自分が心から震えるものを見つける。

 

これはなかなか難しいものです。

 

それを見つけるためにはどうするかと言うと、様々なものを今から経験することです。

 

海外に行くことでもいいですし、アルバイトを沢山するでもいいです。

 

YouTuberに学生時代から挑戦するでもいいでしょう。

 

沢山経験する中に自分が本当にやりたい!

 

自分にはこれが向いている!と言うことに気づくことができるかもしれません。

 

本当に自分がやりたいこと、自分をスキルを活かせる仕事は寝食を忘れるくらい没頭できるものとなるはずです。

 

そのためには、自分を知ることが重要です。

 

学生の間は、その自分の才能を知るための期間でもあると思います。

 

自分の才能を見つけるために様々なことに、今か挑戦して行くことをオススメします。

大変だけど頑張ろうと思える。それがあなたのソウルワーク。

例えば私は生活のためにずっと会社員として働いてきました。

 

派遣社員の期間が長く、正社員で働いたこともありましたが、それはそもそも本当にやりたいことではありませんでした。

 

親に進学を止められなければ本当は教員になりたかったですし、お芝居が好きですからできることなら俳優になりたかった。

 

そういう魂を持って生まれてきてしまっている自分をどうすることもできません。

 

ですが現実にはどちらにも行けない。

 

そうやってずっと生活のために働いてきました。

 

ですが、日本全体が殺伐としてきているわけですから、働いていて楽しいわけがありません。

 

そんな時にインターネットで発信を始め、そこから収益を得る人たちが現れ始めたわけです。

 

ネットで稼ぐ

 

当然誰でもがうまくいくわけでもないですし、実際やるとかなりの時間を取られるので、よほど強い思いがない続かないんですね。

 

ですが、もともと人に何かを教えることが好きであったり、私が何かを教えて差し上げることで、その人が学ぶことの喜びや楽しさを知って成長してくれる姿を見たり、また芸能は人の心に癒しや感動を与えられるものであることも事実ですから、なんとかそっちで少しでも仕事をすることができるようにならないものだろうか?そんな風に考えあぐねた結果このサイトを立ち上げることにたどり着きました。

 

ブログを書くにも YouTube で動画をあげるにも1投稿するだけで何時間もかかります。

 

それを毎日毎日積み上げるというのは本当に大変なことで、気持ちが切れてしまうことも当然あるのですが、やっぱり自分の中にある「やりたい」という思いが最終的には勝つんですね。

燃える魂

 

なので私が、本当にやるべき仕事は会社員としての仕事ではなく、コーチングや芸能だと腹を決めたのです。

 

むしろ少しでも時間があればそのことばかり考えていますし、そういう時間が自分にとってはとても楽しくて充実しているのです。

 

「魂が喜ぶ」   そこに時間を費やしているとワクワクする。

 

もっとこんな風にしたいあんな風にしたいとアイデアが湧いてくる。

 

そういうことを仕事にすると、あなたも変なストレスを溜めなくて済みますし、そこから多少なりとでも収益が上がるようになってきたら、そこから得たお金は生活のために得ているお金の何倍もありがたみを感じられるのではないでしょうか?

 

生活のための収入を上げるための「副業」ではなく、あなた自身の魂を輝かせるための「複業」

 

お伝えした近未来がいつ来ても構わないように、その準備を始めた人から自由な働き方が手に入れられるようになるのではないでしょうか?

 

社会に貢献(みんなの困りごとを助ける)できるために知恵を絞れば、意外とできるかもしれませんし、 SNS で仲間を見つけることができるかもしれません。

 

あなたの魂が喜んで、社会も喜ぶ。

 

そんなソウルワークを見つける準備を是非行ってみてください。

 

転職やお仕事の悩みについてはこのようなコーチングプランをご用意しています。

 

本日はここまでです。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

まとめ

1.本当の働き方改革に必要なことは強制・命令ではない心が通い合っている1チームを作ること

2.上司に振り回されて生きづらさを感じるのはもうやめよう。仕事とは、その人の自主性や主体性が活かされて、初めてクオリティが上がる。

3.未来に必要なのは生まれ持った才能に技術をプラスしたスキルを活かした働き方

4.自分にとってのソウルワークを見つけると、大変だけど頑張ろうと思える。ソウルワークで得られるのは、ストレスじゃない心地よい疲労感

5.あなたの魂が喜んで、社会も喜ぶ。そんなソウルワークを見つける準備を始めよう

あわせて読みたい

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

RETURN TOP